シンプルライフで楽しく生きる

男の子三人の子育てをしていてもシンプルで丁寧な生活を目指します。無印や北欧雑貨が好きです。人生を楽しく生きるをモットーにブログを綴りたいと思います。

イライラが止まらない。その原因は…。

こんにちは、のほほんママです。

 

 

ブログの訪問ありがとうございます。

 

 

毎日、子供たちの育児をしているとイライラする時があります。

 

普段はイライラすることあまりないのに、もう自分でも抑えきれないくらい怒りが込み上げてくることがあります。

 

そして、自己嫌悪。

 

プラス、何もやる気がおきない…。

 

私どうしちゃったのだろうと思う時があります。

f:id:nohohonmama:20170906215928j:plain

 

 

確かに平日はほぼワンオペ育児、しかも旦那は泊りでいないこともあります。

 

すべて私が一日中やっているし、産後もあってストレスも貯まるよね~。と思いながら、時間があるときはゆっくり自分の時間を過ごしていました。

 

でも、なんかやる気もおきない。こんなに怒らなくてもいいのに止まらない自分がいます。

 

みんなそうなのかな、私だけなのかなと不安になることもあります。

 

 

 

先日、NHKのアサイチを観ていて、睡眠負債という言葉を知りました。

 

睡眠負債とは、わずかな睡眠不足が、まるで借金のようにじわじわ積み重なること。命にかかわる病気のリスクを高め、日々の生活の質を下げていることが明らかになったそうです。

 

米ペンシルバニア大学などの研究チームが行った実験です。
研究者たちは、被験者を徹夜のグループと、睡眠時間6時間のグループに分け、注意力や集中力がどう変化するのかを調べました。

まず徹夜のグループを見ると、初日、2日目と成績が急激に下降しています。一方、6時間睡眠のグループでは、最初の2日間はほとんど変化はありません。しかしその後、徐々に脳の働きが低下していきました。そして、2週間後には、徹夜グループの2晩経過後とほぼ同じレベルになってしまったのです。すなわち、「6時間睡眠を2週間続けた脳は、2晩徹夜したのとほぼ同じ状態」ともいえることになります。
しかも驚くことに、6時間睡眠のグループは、脳の働きの衰えを必ずしも自覚していませんでした。徹夜した場合と比べ、わずかな睡眠不足がじわじわ蓄積した場合、なかなかその影響について自覚できないのです。

参考文献:Van Dongen HP et al. Sleep. 2003 Mar 15;26(2):11726.

東北大学が、宮城県の女性24,000人あまりを7年間追跡し、睡眠時間と乳がんの発症リスクの関係を調べた研究では、平均睡眠時間が6時間以下の人では、7時間寝ている人に対して乳がんのリスクがおよそ1.6倍になることがわかりました。また2014年に米シカゴ大学が行った研究では、実験的に長期間睡眠を不足させた(睡眠負債の状態にした)マウスでは、がん細胞が増殖しやすくなっていることがわかりました。本来ならがん細胞を攻撃するはずの免疫細胞の働きが低下するようになる可能性が見えてきています。

参考文献:Kakizaki M et al. Br J Cancer. 2008 Nov 4;99(9):1502-5
Hakim F et al. Cancer Res. 2014 Mar 1;74(5):1329-37.

 

日々の集中力の低下、がんのリスクまで高くするという結果が出ているそうで、驚きました。

 

私たちが眠気を感じるのは、脳から、覚醒を妨げ眠りやすくするホルモン、メラトニンが分泌され、血中のメラトニン濃度があがっていくことで起こります。ところが、新聞を読んだり、スマートフォンでのメールやSNS、動画の閲覧などで感情が動くと、メラトニンの分泌を抑制させる指令が送られます。そのため、せっかくたまった眠気を妨げてしまうのです。
また、日光を浴びることは、体内時計の調整・改善に効果的とされています。夜更かしを続けると、体内時計がずれ、メラトニンの分泌も遅くなります。曇りの日でも、空の明るい方角を見るだけで、効果は得られます。室内の蛍光灯では、光量が足りません。

 

以前、夜勤もしていたので毎日疲労困憊で、自律神経のバランスも乱れていました。

やっぱり、夜寝るということが大切なんですね。

 

睡眠負債のチェックもサイトでできます。

睡眠障害(不眠症)の臨床の場で一般的に利用されている「アテネ不眠尺度」の質問項目をもとに作成しています。回答をそれぞれ、A:0点、B:1点、C:2点、D:3点として、8問の合計点によって、睡眠負債の危険度がわかります。
睡眠負債の危険度が「中」「高」と出た場合の最大の対策は、「これまでより長く寝るようにする」ことです。
ただし「週末の寝だめ」に頼ろうとすると生活リズムが乱れ、平日の睡眠に支障が出てかえって負債を増やしてしまう危険があります。無理して一度に返済しようとするのではなく、「コツコツ地道に返す」のがベストです。目安は、1日7-8時間の睡眠をとることです。もし、どうしても眠れず、日中の気分の落ち込みなどで生活に支障があるほど重度な場合は、医師など専門家への相談をお勧めします。

監修:滋賀医科大学・角谷寛教授

 

私もやってみましたが、14点で危険度『高』でした。

 

ここ最近、授乳もあったりして目覚めることもあったり、なかなか眠れない日々が続いていました。睡眠時間も5時間くらいで、ちょこちょこ起きてました。

日中もソファで授乳していると、意識を失ったように寝てしまうことがあります。

すぐ子供たちに起こされて、まったく疲れはとれずですが。

 

ちゃんと睡眠をとっていなかったために、イライラしていたということがわかりました。

 

産後は仕方ないと思いがちですが、しっかり睡眠をとることが日々の生活につながるのだと感じました。

 

睡眠不足で産後うつもでるそうなので、やっぱり休息は大切ですね。

 

現代社会、睡眠不足の方多いと思います。

 

寝る前のパソコン、スマホはだめですよ。

 

つい、やってしまいますが…。

 

今日も一日よく眠れますように。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

ブログ頑張りますので、読者になってもらえるとモチベーションが上がりそうです。

 

よろしくお願いします。


にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↑お手数ですが、応援クリックしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます。